マウイマラソン・MauiMarathon

アイシング

痛む部位をを冷やすことにより患部の代謝を抑え、炎症や腫れなどを最小限に抑えることができる。
冷やし方は一般的にはビニール袋に氷を入れて患部に当てる。
このとき、ずり落ちてくるようなら、タオルなどを使って固定する。
冷水に足を入れるなど患部を冷やしやすい方法で行うのが一番である。

冷やす時間は15〜20分が目安。
これは15分以下では先に述べた効果が期待できず、20分以上行うと凍傷の可能性があるためである。
アイシングを始めて最初の2,3分で患部がしびれ、痛み出すことがあるかもしれないが、
それでは皮膚の表面から1mm以下しか冷えていないので、続けることが望ましい。


外傷直後には20分のアイシングのあと、感覚が戻ってからさらに20分ほど行ってください。


TOP
Copyright (C) Momona All rights Reserved.